ソロウェディングで花嫁コスプレ!良い思い出にするための意外なコツ

辛口!婚活コラム

当分結婚する予定がない・・・でも絶対ウェディングドレスは着てみたい!話題のソロウェディングを試してみようかな。

「ソロウェディング」は、パートナーがいなくてもウェディングドレスや白無垢などの花嫁衣装で記念撮影ができるサービスです。

今回は、ソロウェディングの概要や費用の目安、ソロウェディング成功のコツ、婚活のすすめについてコラムにしてみました。

ソロウェディングってなに?

「ウェディングドレスが着てみたい!」という女性の夢を叶えてくれるのが、1人で花嫁衣装を着て写真撮影ができる「ソロウェディング」です。

「ソロウェディング」には「ソロ(solo)」、つまり、1人で行う結婚式という意味があります。

まだ結婚していないけれどウェディングドレスを着てみたい女性や、結婚式を挙げていない女性、もう一度ウェディングドレスが着てみたい女性などに話題だそうです。

「ソロウェディング」には大きく分けて、

  1. フォトスタジオなどで数時間~1日かけて行うもの
  2. 旅行会社やホテルが主催している1泊2日の宿泊付きのもの

があります。

気軽にソロウェディング!フォトスタジオのプラン例

フォトスタジオでソロウェディングを行う場合、費用の目安は「数万円~10数万円」程度です。

たとえば次のような流れで行われます。

カウンセリング・試着

フォトスタジオに用意された花嫁衣装の中から、自分のお気に入りの1着を探します。

プランによっては、選ぶドレスにより金額が変わります。

打合せ

ヘアメイクや背景など、写真撮影の打ち合わせをします。

ヘアメイク・撮影

プロのヘアメイクさんに撮影用のヘアメイクをしてもらっていよいよ撮影です。

写真選び

撮影した写真の中からアルバムに残したい写真を選びます。

豪華にソロウェディング!旅行会社のプラン例

旅行会社やホテルが主催する1泊2日の宿泊付きのソロウェディングを行う場合、費用の目安は「20万円~40万円」程度です。

たとえば次のような流れで行われます。

1日目 コーディネーターと打ち合わせ

コーディネーターと2日間のソロウェディングの打ち合わせをします。

1日目 ドレスショップでウェディングドレス選び

ドレスショップで翌日に着るウェディングドレスを選びます。

1日目 ドレスにあわせたブーケ作り

フラワーアレンジメントの先生と一緒に、撮影に使う自分だけのウェディングブーケを作成します。

1日目 ホテルで就寝

豪華ホテルで就寝します。

2日目 撮影用のヘアメイク

ヘアメイクのカウンセリングのあと、撮影用のヘアメイクをしてもらいます。

2日目 ハイヤーにて貸し切りロケーション地へ移動

専用ハイヤーで撮影ロケーション地に移動します。

2日目 ロケーション地で写真撮影

素敵なロケーション地で写真撮影します。

2日目 写真選び

撮影した写真をチェックして、アルバムに入れる写真を選びます。

ソロウェディングの成功のコツって?

綺麗なウェディングドレスドレスを着せてもらって、プロのヘアメイクさんにヘアメイクをしてもらい、薔薇に囲まれて写真を撮る。

確かにやってみたいかもと思います。

着てみたいドレスならまだまだ山ほどあるので、好きなドレスを着てお姫様扱いされながら写真を撮影してみたい・・・。

そうした女性の希望を満たしてくれるソロウェディングですが、肯定的な意見だけではなく、「悲しい」「寂しい」という印象もあるようです。

ソロウェディングを成功させるコツには、どのようなものがあるでしょうか。

心の底から楽しめる自信がないなら、誰かと一緒に行こう

ソロウェディングを成功させるためには、

  1. 撮影したい写真のイメージに近い写真撮影ができるか
  2. スタッフの対応がしっかりしているか
  3. 着たいと思える花嫁衣装があるか
  4. 希望のヘアメイクに対応してもらえるか
  5. 料金は予算内に収まるか

などもポイントだと思いますが、「自分がソロウェディングを心の底から楽しめるか」が大切だと思います。

もし1人で行って写真を撮ってもらうことに、「すごく満足だけどちょっと寂しいな・・・」という想いが残ってしまうなら、

誰かと一緒に行ってイベントとして楽しんでしまう

ことがおすすめです。

1人が大好きなBananaが寂しかった思い出

なぜこんなことを勧めるかというと、Bananaが人生の大事なイベントを1人で経験して、いまだに「寂しかったなぁ・・・」という気持ちが残っているからです。

Bananaは基本的に1人であれこれ決めるのが大好きです。

そんなBananaなのに、何十年も前に撮ってもらった綺麗な写真を見る度に、そのときに感じた「寂しかった」という想いが一緒に思い出されます。

Bananaにとって、自分の結婚式の写真は周りの人の優しさや温かさに満ちていて、結婚して何年も経つのにいまだに見飽きることがありません。

対照的に、そのイベントの写真は綺麗だけれどすこし寂しい思い出として自分の中に残っているので、ほとんど見返すことがありません。

親兄弟でも友達でも、お願いして一緒に行ってもらえば良かったのに・・・と、昔のBananaに言ってあげたいと思います。

人は誰かと想いを分かち合うことに幸せを感じる

人は誰かと想いを分かち合うことに幸せを感じます。

「素敵な花嫁衣装を着せてもらって、綺麗な写真を残したい!」という女性の想いは、ぜひ大切にしてほしいです。

ただ、ウェディングドレスというのは女性にとって特別な想いがあるものです。

せっかくウェディングドレスを着るのなら、親でも、姉妹でも、女友達でも、職場の後輩でも、誰かとその想いを分かち合うことがおすすめです。

OK例

友達を誘ったから安いプランしか選べなかった・・・でも、一緒にわいわいウェディングドレスの写真が撮れて、楽しかったな。

OK例

お母さんに無理言ってついてきてもらった。呆れられたけど、撮影のあと一緒に食べたご飯がおいしかったな。

など、大切な誰かと分かち合えた思い出は、綺麗な花嫁衣装の写真に重なって温かく残るのではないでしょうか。

ソロウェディングもいい!でも婚活で本物の花嫁になろう

・・・そうかも。せっかくウェディングドレスの写真を撮るなら、誰かと一緒に行こうかな・・・。

とBananaのコラムに流されかけてしまった方の中には、「ソロウェディングもいいけどちょっと寂しいかも・・・」という気持ちがあるのかもしれません。

それならぜひ婚活も同時並行でおすすめします。

宿泊付きのソロウェディングに20万円~40万円払うなら、1年間オーネットなどの結婚相談所に入会できます。

ソロウェディングは安いプランで本番の予行演習にしておいて、1人ではなく2人で花嫁衣装の写真を撮りましょう。

オーネット

こちらのコラムもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました