節約デートがしたい交際中の婚活男性必見!女性受け抜群の節約デート

辛口!婚活コラム

彼女とのデートは楽しいけどデート代が大変だな・・・なるべく節約できるデートプランが知りたいな。

もうすぐ彼女ができそうだけど、毎週デートすると結構デート代がかかりそうなのが気が重いな。

婚活で彼女が見つかった男性が頭を悩ませるのは、彼女とのデートにかかるデート代かもしれません。

でも、女性が喜ぶデートプランはお金がかかるとはかぎりません。お金をかけずに彼女とのデートが楽しめる、女性受け抜群の節約デートプランを紹介します!

節約デートに1番おすすめなのは公園デート

節約デートがしたいなら1番おすすめなのは公園デートです。入園料がかかっても数百円程度ですみます。季節の花が咲いていたりして公園の雰囲気もデート向けです。

のんびり流れる時間を過ごせる

公園デートの良さはのんびりとした2人の時間を過ごせるところ。

広い公園を歩きながら散歩するのもいいですし、カップルでベンチに座ってソフトクリームを食べていたり、話をしていたりする姿は見ていてほのぼのします。

気候のいい時期は公園のベンチが埋まっていることもあるので、小さめのレジャーシートを持っていくとどこにでも座れます。

芝生がある公園で一緒にバドミントンやフリスビーなどをするのも楽しいです。女性は服装によっては動きにくいことがあるので、体を動かしたいときはデートの前にあらかじめ伝えておいてあげてください。

おいしいお昼を持っていくと最高!

季節が良ければ、せっかく公園デートをするならおいしいお昼を持っていくといいと思います。

テイクアウトできるおいしいお店を探してあげる

たとえば食べログなどで公園近くのテイクアウトできるおいしいお店を探してあげて、一緒にお昼ご飯を買ってから公園で食べてもいいと思います。

お店で食べるよりもランチ代が節約できて、公園で食べるだけで普段よりもおいしく感じます。

公園の最寄り駅と、「パン・サンドイッチ」、「弁当」などで検索すると、かんたんにお店を見つけることができます。

もし彼女がお弁当を作ってくれたら・・・

公園デートと言えばお弁当!なのかもしれませんが、2人分のお弁当を作るのは結構大変です。

待ち合わせが11時だとして家を出るのが10時、お弁当の準備に2時間、自分の準備に1時間・・・となると、仕事のある日よりも早起きになるかもしれません。

おかずを何にしようか考えたり、前もってお弁当の具材を買ったり・・・作る側からするととにかく手間がかかります。

もし女性が自分から「お弁当を作っていくよ」と言ってくれればOKです。作りがいがあるので、とても楽しみにしている様子をアピールしてあげてください。

お弁当を作るのを負担に感じる女性もいるので、男性からお弁当を作ることをお願いするのはやめておきましょう。

OK例

公園の近くにおいしいパン屋さんがあるみたいだから、そこでパンを買って公園で食べるのはどうかな?

という女性に負担のかからない形の提案がいいと思います。

女性に人気で、食べやすくて無難なのはパンやサンドイッチです。男性がパンよりご飯派なら、駅弁やデパ地下のお弁当、その他テイクアウトできるランチなど、2人の好みが一致するものを探しましょう。

デートでファーストフードはちょっと・・・という女性でも、公園に持っていって食べるなら喜んでくれるかもしれません。

もし女性がお弁当を作ってくれたときは、すごーくおいしそうに食べてあげて、夜のディナー代か次のデートのランチ代は、

OK例

お弁当を作ってくれたお礼に払うよ

と全額おごりにしてあげてください。女性側は男性の気遣いが感じられればいいので、高いお店でなくても大丈夫です。

公共施設は節約デートにも意外に使える

節約デートに意外に使えるのが公共施設です。

図書館

2人とも本が好きなら、図書館で好きな本を探して読むのもいいと思います。

本だけでなく、雑誌やDVDを置いている図書館も多いです。図書館内でDVDが視聴できれば無料で映画気分を楽しめます。

「キャリアアップのために勉強したい!」という共通の目的があるカップルには、自習ができる図書館もあります。

座って本が読める本屋さんだと思って、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

プラネタリウム

プラネタリウムも民間のものは料金が高額になりがちですが、公営のものは安いです。

真っ暗な中で2人で満点の星空を見上げて過ごすことができるので、ロマンチックなデートができそうです。

ただ、公営のプラネタリウムは小さな子どもを連れた家族が多かったり、いかにもお役所!という雰囲気だったりして、デート向きではないところもあります。

雰囲気の面では民間のプラネタリウムのほうがいいのですが、節約できると思って目をつぶりましょう。

博物館・美術館・○○展

博物館・美術館・○○展などで、入館料が無料のものや比較的安いものを探してみるのもいいと思います。

住んでいる地域に合わせて「○○ウォーカー」などで開催中のイベントを調べてみると、デートのアイディア探しに役立ちます。

ロマンチックに2人で花火で節約デート

何回か夜のデートをしているカップルの方には、ディナーの後に花火デートもおすすめです。季節外れでも通販を使えば一年中花火が購入できます。

花火デートは事前の準備が大切!

花火デートは上手に準備できればとても女性受けがいいデートになります。女性が30代だろうが40代だろうが、子どもに戻ったみたいで楽しいです。

ただし、最近は花火ができる場所もかぎられています。公園や川原でも禁止されていることがあるので、事前の準備が大切です。

  1. 花火禁止!という立て札などがない
  2. 花火をしていても周りから注意されない
  3. 花火を消すための水道が使える or ペットボトルなどで水を持っていく
  4. ライターやチャッカマン、バケツなどを持っていく

などに気をつけましょう。

いきなり花火を取り出すサプライズの花火デートも素敵ですが、女性によっては花火にあまり興味がなかったり、花火で時間が遅くなることを嫌がったりするかもしれません。

彼女の反応が予想できないときは相談しながら決めるようにしてください。

ゴミは必ず持ち帰ること!

花火デートのポイントが、花火で出たゴミを必ず持ち帰ることです。持ち帰るのに火が消えていなかったら危ないので、確実に火が消えていることを確認してください。

ゴミをその場に放置するのは女性から見るととても印象が悪いです。ゴミ箱があっても花火が引火してしまうと危ないので、面倒でも持ち帰って捨てるようにしましょう。

マナーをしっかり守らないと花火デートは逆効果になりますが、このあたりに気を遣えるとポイントアップできると思います。

季節を感じられるイベントは節約デートにも最適!

節約デートに欠かせないのが季節ごとのイベントです。ランチ代やディナー代を節約しても、こうしたイベントと組み合わせるととても女性が喜ぶデートになります。

お花見

春はなんといってもお花見です。お昼でも夜でも2人で桜を見に行くだけで素敵なデートになります。

レジャーシートを広げてがっつりお花見を楽しんでもいいですし、2人で手をつないで桜並木を一緒に歩くだけでも綺麗です。

6月前後の初夏の季節に、あまりメジャーではないけれどおすすめなのが、蛍を見に行くデートです。

蛍の時期になると蛍の鑑賞会などが各地で催され、観賞無料だったり数百円程度の料金で蛍を見られることが多いです。

夜に蛍の光がぼぅっと浮かび上がるのは、幻想的でムードがありますよ。

花火大会

人混みが嫌でなければ、夏の花火大会はデートの定番中の定番です。女性が浴衣を着てくれるとますますデートらしくなって良いのですが、

  1. 下駄で長時間歩くのはしんどいし、普段はかないので靴ずれをおこしやすい
  2. 女性はお手洗いが混むので時間がかかる

ことを頭に入れておいて、男性からデート中に気遣ってあげるといいですね。

紅葉

秋から冬にかけては紅葉狩りなども季節を感じられるイベントです。

公園や神社、お寺などで、散歩を楽しみながら赤や黄色に色づいた紅葉を集めてみるのもいいかもしれません。

イルミネーション

冬はイルミネーションがおすすめです。

イベントとして大がかりにライトアップされるイルミネーションもありますし、百貨店などがクリスマスの時期などに合わせてライトアップする場合もあります。

デートのお店をイルミネーションが行われている場所の近くにしておいて、帰りにさりげなくつれていってあげるのもロマンチックです。

お金をかけずに楽しい節約デートはいくらでもできる

今回紹介した節約デートプランは、すべて数百円程度で実行できるものです。これ以外にも、お金をかけずに彼女を喜ばせるデートはいくらでもできます。

2人が一緒に楽しめることを探しながら、節約デートを重ねてお互いの仲を深めていってくださいね。